chair1987

「chair1987」は洗練されたデザインとサスティナビリティを持ち合わせたキャンプチェアです。キャンプに行くときは、この椅子を家から持ち出して、アウトドアフィールドで最高のくつろぎ時間を味わうことができます。

DSC09441.jpg

Craftsmanship

クラフツマンシップ

"chair1987"はその値段からは考えられないほど贅沢なつくりになっています。木材部品はすべて、集成材や接着材を使用せず、ありのままの木から切り出した無垢材を使用しています。そのため、反りやねじれ、割れや節があり大量生産はできません。

"chair1987"は一脚一脚が職人の知識と技で作られ、最高のクオリティで長く使える製品に仕上げています。また、一脚に使用される国産帆布の量は4m(携帯用バッグも含みます)。織り目の細かい帆布を重ねて使用することで強度と手触りの良さを追求いたしました。ボタンなどの服飾品も本体と同じ国産の栗の木を使ってオリジナルで製造したものを使用しています。

Functionality

​機能性

耐水性と軽さに優れた「栗」の木を使うことで、キャンプチェアとしての性能と上質さを両立しました。人間工学に基づいて設計された座り心地は、一度座ると立ち上がりたく無くなります。分解して約13×13×65cmの袋に入ってしまうので、持ち運びに便利です。

DSC09515.jpg
28008944.22179B9F86884E61A3AE7722A59914B

Sustainability

​持続可能なものづくり

「ずっと使ってほしい」だからプラスチックや金具の使用はやめました。木を組む構造だからこそ壊れた部分だけを取り換えて、自分で直して、長く使えます。また国産のモノづくりにこだわって、材料生産から製造に至るまで、すべて国内で行っています。

Customize

​あつらえる

"chair1987"の木部は、使い手自らの手で直しながら長く使えるよう、無塗装のままでお届けしています。お家のフローリングにワックスをかけるように、"chair1987"をメンテナンスしながら、自分仕様に仕上げていくことができます。

DSC09520.jpg